グラビアロール

ロール表面には「格子型」「亀甲型」「斜線型」「ピラミッド型」の4種類を用途に応じて加工し、ダイレクト、リバース、オフセット、小径グラビア塗工方式などの方式によりロールを正回転、逆回転させることにより塗り肌の美しい表面を形成する事が出来ます。

当社はグラビアロールの加工を自社一貫生産で行っております。

特徴

  1. 有償(30万円)にはなりますが、社内のデモ機で塗工サンプルを作成して、ご希望の膜厚に最適なパターンをご提案します。
  2. 加工可能なサイズは直径がφ20以上で、長さは3000mm以下です。
  3. セル容積の加工誤差は±2%以下を実現しております。
  4. ロールの回転振れは5μm以下を実現しております。
  5. 表面処理はHcrを標準としております。

対応可能な彫刻

斜線型

高粘度で、転移を多くしたいときに利用出来、ドクターブレードを使用することもできます。

Cells/Inch Depth(μ) セル容cm3/m2
35 250 125
42 164 78
53 152 68
60 180 88
70 97 46
80 130 63
83 87 42
90 90 43
100 77 37
115 70 34
120 80 38
130 68 32
150 44 20
165 40 19
180 48 22
200 30 15
230 20 9

台形型

主にドクターブレードを使用するコーティングに利用され、、ピラミッド型より転移は同じ深さのものと比べて多いです。

Cells/Inch Depth(μ) セル容cm3/m2
45 125 56
65 120 62
85 95 46
102 61 31
120 64 31
150 49 22
165 39 19
185 52 22
200 39 15
220 31 12

ピラミッド型

主にフレキソ印刷用に使用されるために作られた形で、少量の転移に適しています。

Cells/Inch Depth(μ) セル容cm3/m2
45 254 78.5
65 104 31
75 98 30
93 88 25
102 74 21
120 53 14.5
150 55 13.5
165 38 8.6
200 29 6

亀甲型

アルミホイール等のコーティングに向いており、中粘度のものにドクタープレートを用いて使用されます。

Cells/Inch Depth(μ) セル容cm3/m2
35 244 準備中
50 141
72 148
80 110
105 82
110 84
125 72
150 62
180 42
200 25

グラビアロールについて
お問い合わせ

お見積り