巻出・巻取装置

1軸巻出装置、巻取装置

1軸巻出装置、巻取装置とは基材を巻出したり巻取る装置でありエアーシャフトを使用する物と芯管の両端を支持して行うシャフトレスが御座います。通常はエアーシャフトを芯管の中心に通し駆動させる方式が殆どですが、基材重量、種類、運用方法等により使い分けます。

実績

  • 実績写真1
このページの先頭へ

2軸巻出装置、巻取装置

2軸巻出装置、巻取装置とは基材を連続して巻き出し、巻き取りを行い加工機を停止する事なく新旧の基材を自動接続して巻出したり巻取る装置でありエアーシャフトを使用する物と芯管の両端を支持して行うシャフトレスが御座います。通常はエアーシャフトを芯管の 中心に通し駆動させる方式が殆どですが、基材重量、種類、運用方法等により使い分けます。

実績

  • 実績写真1
このページの先頭へ

サーフェイス巻取装置

サーフェイス巻取装置とは巻取りトルクを基材に余り加える事が出来ない場合に使用される物で駆動の掛かったサーフェイスロール2本とエアー抜き用のライダーロールで構成される。巻きの硬さはライダーロールの押し圧とサーフェースロールの速度比で管理し巻径増加に伴いライダーロールを退避させます。

実績

  • 実績写真1
  • 実績写真2
このページの先頭へ

耳巻装置

耳巻装置とは基材の端をスリッターで切った物をトラバースをさせながら連続して巻取る装置です。
巻が一杯になった後はワンタッチで取り外しが出来るようになっています。

実績

  • 実績写真:MM-250(小型機)
このページの先頭へ