ロールtoロール

ダイレクトグラビアコーター

図

  • 粘度10 ~ 1800cP
  • 最高速度200m/min
  • 塗工量3~50g/m2 wet

ダイレクトグラビアコータとはロール表面に微細加工を施したグラビロールと基材に液を転移させる為のバックアップロールで構成されグラビロールの凸部に付着した余分な塗工液をドクターブレードでかき落とし凹部で軽量をして基材に転移させる方法です。塗工厚の調整はグラビアロール表面の彫刻の種類深さにより決定されるので下記資料よりご選定下さい。オプションで耐摩耗が優れているセラミック溶射及び、レーザー彫刻も出来ます。

実績

  • 実績写真1
  • 実績写真2