沿革

1949年 京都市右京区にて個人自営業で松岡喜市が松岡鉄工所を創業
1976年 機械修理業 機械部品加工業を経て株式会社松岡機械製作所を設立
1981年 代表を松岡良幸が引き継ぐ
2012年 代表を松岡健太が引き継ぐ

我が社の歩み

以前から製造していました京都地場産業である金銀糸製造過程の中の着色加工である、ポリエステルフィルムへの特殊塗料のコーテイング、遠赤外線ヒーターによる高熱乾燥炉漆の和紙へのコーテイング機械ほか、貼り合わせ機械、色紙の縁金の貼り合わせ機械を順次開発して参りました。

これからの我が社

プラスチックフィルム、金属箔、不織布等の加工機である塗工機(コーター)、カレンダー、巻出装置、巻取装置、乾燥炉等の製作を手がけて参りまして現在では2次電池、有機EL、液晶関連の研究開発用であるマルチコーター、5 層高温ラミネーター、超高圧カレンダーを 開発し新しい分野に挑戦しております。